· 

北朝鮮でコロナ第2波発生か 、内部文書で感染示唆ー軍部隊で隔離多数の情報も

7/20(月)  アジアプレスインターナショナル 石丸次郎 カン・ジウォン

 

7月に入り、北朝鮮当局は新型コロナウイルスに対する防疫強化を繰り返し強調している。「感染

者ゼロ」を自賛しながら、国際的な再流行に危機感を持って警戒を徹底せよという内容だ。だが

、アジアプレスが入手した内部文書には、国内感染を示唆する内容があり、平壌南方の軍部隊で

感染者が出ているとの情報も入って来た。(石丸次郎/カン・ジウォン)

 

◆「コロナ防疫」を執拗に強調し始めた金政権 少し過剰ではないか…?

7月2日に開かれた労働党中央委員会の政治局拡大会議で、金正恩氏は新型コロナウイルスへの警

戒を強調した。それ以降、北朝鮮当局は繰り返し防疫の徹底をくどいほど繰り返している。この

動きを見て、過剰だと感じたのは筆者だけではないだろう。 政治局拡大会議で金正恩氏は、「悪

性ウイルスの境内侵入を徹底的に防御し、安定した防疫形勢を維持している」と自賛しつつも、

防疫当局内で「放心と傍観、慢性化した傾向と非常防疫規律違反傾向について厳しく批判した

」。 さらに「防疫措置の緩和は、想像することも、挽回することもできない致命的な危機を招く

ことになる」と述べるなど、コロナウイルス拡散に対し危機感を露わにした。 しかし、この金正

恩氏の警告は、直前の国内の状況と対照すると、やや唐突に感じられた。6月に入って、厳格だっ

たコロナウイルス対策が緩和されていたからだ。 北朝鮮は、1月末に中国国境を封鎖した後、国

内でも他地域への人と物資の移動を禁止し、学校の新学期開始を延期、風邪の症状が出ているだ

けで隔離するなど、強力な統制を実施していたが、6月初旬から学校を再開、移動制限も若干の緩

和に踏み切っていた。

 

◆政治局会議後、緩和から一転して統制再強化

だが、前述した政治局拡大会議での金正恩氏による報告の後、北朝鮮国営メディアは矢継ぎ早に

、「コロナ警戒」を大々的に報じるようになる。 例えば、7月7日付けの内閣機関紙「民主朝鮮」

は、「空中と海上から流入する物体を発見したら焼却処理する規律を厳格に立てた」と記し、7月

10日付けの労働党機関紙「労働新聞」は、一面に掲げた論説で「どんな経済建設の成果より大流

行している伝染病の侵襲を防ぐことをさらに重要とすること、この事業に最善を尽くさなければ

ならないというのが我が党の要求だ」と書いた。 「労働新聞」は7月17日にも「世界的な大流行

伝染病を徹底的に防ごう 緊張し、また緊張して非常防疫事業を強化」という記事を掲載。咸興

織物工場の例をあげて、徹底して隙のない防疫対策を講じることの必要性を具体的に指摘した。

 

◆6月の内部文書に書かれていたのは…

私の手元に、政治局拡大会議の半月前の6月中旬に発行された労働党の内部文書がある。平安北道

の取材協力者が入手したものだ。タイトルは次のように長たらしい。 「敬愛する最高領導者金正

恩同志の2020年6月1日批准方針 新型コロナウイルスの伝播空間を見つけて対策を取るための事

業過程で提起された問題を了解した資料と対策報告」 発行したのは「中央非常防疫指揮部」の政

治分課である。これは、コロナウイルスの中国での流行を受けて、1月末に緊急に設置された部署

だ。 文書の性格について説明しておこう。金正恩氏の「批准方針」とあるが、これは次のような

意味である。 北朝鮮で<批准>とは、「最高指導者の承認」の意味で、各組織が上げた<提議書

>を金正恩氏が了承したことを意味する。<方針>も最高指導者に対してのみ使われる用語で

、「指示として下達」されたことを意味する。 つまりこの文書は、「中央非常防疫指揮部」がコ

ロナウイルス対策に関する<提議書>を金正恩氏に上げ、それが認められて<方針>となり、対

策を取る過程の<了解>=確認作業を行った、というものだ。 文書を入手した協力者は、その用

途を次のように説明する。 「『中央非常防疫指揮部』が作成した提議書を金正恩氏が承認したの

で、全国に公開的に周知徹底させるために各組織に示された基礎文書です。秘密度は高くありま

せんが、この文書をもとに各地の住民や組織の学習資料、講演用資料が作られます」

 

◆コロナ発生を示唆していた内部文書

文面を見ていこう。()内は石丸による付記。 「朝鮮労働党委員長同志(金正恩氏)が下さった

お言葉と批准方針を徹底して貫徹するために、中央非常防疫指揮部政治分課では、各級の非常防

疫指揮部が国家的な非常防疫事業が長期化するのに合わせ、国境と海岸、分界線(韓国との軍事

境界線)に対する封鎖をさらに強化すると共に、新型コロナウイルスの伝播空間を見つけ出して

対策を取るための事業を進める過程で…」 外からのウイルス侵入を防ぐとともに、国内に伝播し

た場所を把握せよと読める。この内部文書を、保衛省(秘密警察)出身の脱北者に見てもらった

ところ、次のように解説した。 「国内でコロナウイルス感染者がすでに出ていることを前提にし

た書き方のように読めます。拡散しないように、感染者の発生をしっかり見つけ出して把握せよ

ということでしょう。一般公開する際には文面は検閲変更されるはずです」 文書には「感染者ゼ

ロ」を否定する文言はないが、発生を示唆したものと読めるというわけだ。

 

◆輸入支援物資も消毒して20日間留め置き

北朝鮮では、1月末に中国国境を封鎖した後、国内で感染の可能性のある人たちを漏らさず隔離し

ようとした。風邪の症状のある人は自宅から出さず、過去に少しでも外国人と接触した可能性の

ある税関職員や貿易会社員、また彼らと接触した人たちを、職場の倉庫や事務室などに30~40日

間も隔離した(幹部の場合は旅館)。PCR検査機器や試薬がまったく足りず、感染の有無を判定

する方法がなかったため、無条件隔離策を採ったと思われる。 中国やロシアからの防疫支援物資

は、2月後半から徐々に入り始めたが、要人とその周辺、平壌から使用されたであろうことは想像

に難くない。アジアプレスの内部調査では、消毒剤が地方都市に配布されたのは5月後半になって

からで、それまでは多くの場合塩水を使用していた。PCR検査機器もまったく足らない状況が続

いている。 さらに内部文書は次のように書く。 「輸入物資を取り扱う新義州青年駅と豆満江駅を

通じてウイルスが流入するかもしれないという問題が提起され了解(確認作業)を行いました」

「新義州青年駅」は、言うまでもなく中国遼寧省の丹東と結ばれる北朝鮮最大の通商口だ。7月中

旬時点で、まだ強い通行制限が続いているものの、生活必需品を中心に少量の輸入が再開されて

いる。 「豆満江駅」は咸鏡北道の東端にあり、唯一ロシアと鉄道で連結されている通商口だ。ロ

シアから物資搬入について調べた取材協力者は、6月初めに次のように伝えてきた。 「4月末頃か

ら、ロシアから鉄道を使って食用油や医療品、小麦粉が輸入され始めた。これは通常貿易ではな

くロシアの支援品で、扱っているのは中央党傘下の貿易会社だけだ。貨車がロシアから入ると、

駅舎で荷物を消毒・封印して20日間留め置き、一般人の接近を禁じている」 7月2日に金正恩氏が

防疫体制の緩みを強く批判・警告する以前に、政権内ではコロナウイルスの国外からの流入と、

国内での感染拡大阻止に、強い対策を取ることを決めていたのではないか。入手した内部文書は

そのように読み取れる。

 

◆軍部隊でコロナ発生の情報が

この内部文書を検討している最中の7月初旬、注目すべき情報が飛び込んできた。平壌南方の沙里

院の軍部隊でコロナウイルス感染が発生しているというのだ。

 

 

北朝鮮でコロナ第2波発生か、

平壌南方の軍部隊で兵士を集団隔離ークラスターの可能性

 

北朝鮮国内のコロナウイルスの感染状況はどうなのか? 北部の両江道の複数地点、咸鏡北道の

茂山郡、会寧市の取材協力者たちは、共通して次のように伝えてきている。

 

「幹部たちは『コロナは発生していない』と言っている。病院関係者にこっそり聞いても、地元

では発生していないとのことだ。最近、南部地域で発生して死者が出ているとの噂はあるけれど

確認しようがない」 平安北道の協力者は、「隔離された人が多かったので発生していたのだろう

が、最近は静かだ」という。一方、清津市の協力者は、「肺炎で亡くなる人が大勢出たが、当局

はコロナだとは言わないので、実際のところはわからない」

 

◆平壌南方の軍部隊内にクラスター発生か

7月に入って、平壌南方の黄海北道の沙里院の軍部隊で、兵士が集団隔離されているという情報が

入ってきた。伝えてきたのは平安北道に住むAさん。この部隊に、息子が入隊しているという。 A

さんは地元では金持ちとして少し知られた存在だ。息子の兵役生活を心配して、賄賂を使って現

金を差し入れたり、携帯電話を将校に預けて時々通話したりしてきた。なにせ、北朝鮮における

男子の兵役は13年に及ぶのだ。 6月初めに息子と通話した際、「部隊内でコロナが発生して兵士

らが隔離されている」と知らせてきた。そして、その後息子との音信が途絶えた。20日以上電話

が繋がらず心配になったAさんが、現地の将校に金を送って状況を調べてもったところ、息子も隔

離されていることが分かった。以下は、将校がAさんに説明したという部隊の状況である。 「風

邪のような症状が出た兵士たちは、皆隔離されている。最初は部隊の入り口の歩哨用の小部屋で

隔離していたが、どんどん数が増えたため独立小隊の兵舎を空けて、そこで隔離するようになっ

た。兵士らは一切外出禁止で、便所に行く道も別にしている。訓練や日課にも参加させていない

。兵士たちは援農のために農場に動員されていたので、そこで感染したのかもしれない」。

 

◆軍医の診察なくただ隔離するだけ

親としては、当然息子の健康状態が心配だ。治療は受けられているのか、Aさんの問いに将校は事

情を、こう説明したという。 「現状、隔離患者を診ているのは軍医官ではなく、一般兵士の『衛

生指導員』で、毎日検温するくらい。症状の重い兵士も移送せずに隔離したままだ。ただ、隔離

者には食事はちゃんと与えている。一般兵には、炊いたトウモロコシ粉と塩汁しか出せていない

が、隔離者には白米飯を出している。そのため、腹を空かせた兵士の中には、仮病を使って隔離

されようとする者までいる」。 Aさんは息子が心配でたまらず沙里院行きを計画したが、コロナ

ウイルス防疫の移動統制のため、通行証明書が発給されないのだそうだ。 Aさんの事例について

、軍服務経験のある脱北者に解説してもらった。 「朝鮮人民軍は、大隊ごとに『衛生所』を設置

して軍医官一名、『衛生指導員』一名を置くことになっている。普通、部隊で結核や伝染病が発

生すると、上部の師団、旅団の『衛生所』に送られ、重い場合は軍団病院に移送されることにな

っている。部隊内で隔離しているとすれば、車両を準備できず原隊に留め置かれているのではな

いか。 解せないのは、隔離した兵士を軍医官に診せていないこと。新型コロナ肺炎には治療方法

がないので、自力で完治するのをただ待つ、という方針なのかもしれない。もし、軍内にクラス

ターが発生していたら、戦闘力の低下は深刻なことになるとだろう」 情報が十分でないため、A

さんの息子がいる部隊でコロナウイルスのクラスターが発生したとは、現時点では断定できない

。継続調査して続報を書きたい。(了)  (石丸次郎/カン・ジウォン)

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出