【News114】コロナ19状況下での脱北者の現況

北朝鮮人権第3の道 金 熙泰 事務局長

 

 脱北者問題が韓半島の民族問題や東北アジアの地域問題ではなく、国際社会の問題であり人権問題と見なされるのは、まさに脱北者が国際法上難民に該当するためだ。ところが、中国当局は脱北者を難民と認定せず、経済的問題による不法越境者や不法滞留者に分類し、脱北者を北朝鮮に強制送還している。そして北朝鮮に強制送還された脱北者は、北朝鮮当局の苛酷な処罰と人権蹂躪を被っているので国際社会が脱北者に関心を持ち、支援しているのだ。

 

 現在、コロナ19によって中国各地域が封鎖され、業種により営業活動が制限されているので脱北者の働き口が減少し、中国に滞留するのが難しい状況だ。河北省(Hebei) 秦皇島市(Qinhuangdao)にある白菜農場では脱北者50人余りが働いていたが、コロナ19事態が発生して白菜農場が閉鎖されることになった。ここで働いていた50人余りの脱北者は働き口を失い、行く所もないまま周辺の山の穴ぐらの中で生活している。

 

 むしろコロナ19状況下で最も悲惨な境遇にある人身売買被害脱北女性が、宿泊が可能で安全な(?) 状況にあるという笑えないことが起きている。北朝鮮の恵山市から今年2月に中国の吉林省梅河口市に人身売買で売られてきた22歳の李美玉という女性は「私は家から外に出ないで過ごしているが、一緒に来た友達は風俗業者に売られ、防疫当局関係者たちのコロナ19検査で脱北者という事実が明らかになり、公安に逮捕された、と語る。

 

 中国の防疫当局があちこちに検問所を設置して体温を測り、名前と連絡先を申告しなければならないので、脱北者の移動に困難がある。多くの脱北者が早朝に人材市場に行って日雇い仕事を得るのに移動の困難があり、働き口を失っている。

 

 また、脱北者が自由を勝ち取って東南アジアに行くために中国を脱出しようとするのに移動の困難があり、現在、脱北者を救出するブローカー団体や布教団体が3ヶ月間活動できずにいる状態だ。そのため少なくて約10人、多くて約30人ずつ安全家屋で脱北者が東南アジアに行くために待機中だ、とブローカー団体や布教団体が話している。

 

 しかし北朝鮮人権第3の道は救出を継続している。むしろ、コロナ19によってマスク着用が普通になり、脱北者を人目につかずに移動させることができる。中国には駅周辺に長距離列車に乗り遅れた人のため、不法営業のバスがある。このバスは不法営業なので検問所を避けて運行している。そのため脱北者が中国内移動をするのに役に立つ。

 

 だが、脱北者がタイに行くためにはラオスやベトナムを経由しなければならず、これらの国々もコロナ19事態で通行禁止が行われており、検問所が増えて移動に困難がある。それで北朝鮮人権第3の道は雲南省(Yunnan) 景洪(Jinhong)市のメコン川を通じて直ちにタイのチェンセン(Chiangsaeng)に貨物船を利用して救出している。

 

 脱北者がチェンセンに入れば、ひとまず現地のゲストハウスに隔離されて3週間過ごし、それから防疫当局の検査を受けてメーサイ(Maixai)移民局収容所に移動する。ところがタイのバンコクが封鎖され、脱北者がバンコク移民局収容所に移送できなくなり、メーサイ移民局収容所に待機している。現在、バンコクの封鎖は解けたが、地方からバンコクに入ってくる人々に対しては厳格な防疫指針を下しており、まだバンコク移民局収容所に移動できない状態だ。

 

 今年の1月から3月まで韓国に入国した脱北者は男性39人、女性96人の全135人だと統一部が明らかにした。これは2009年以後に集計された四半期第1期入国者数の中で最も少ない数値で、昨年同期229人より41%も減少している。まだ4月分の統計が出ていないが、予想では10人内外になると見られる。今後もコロナ19感染が続くならば、中国現地の脱北者の状況も難しくなり、韓国に入ってくる脱北者の数も大きく減るものと見られる。

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出