· 

選挙区から初の脱北者 太永浩氏が当選

 200422 統一日報

 

 元駐英北韓公使の太永浩氏(57・未来統合党)が、4・15総選挙でソウル・江南甲選挙区から当選した。脱北者の選挙区国会議員誕生は初めて。

 

 コッチェビ(北韓のストリートチルドレン)出身のチ・ソンホ氏も、未来韓国党から比例代表として出馬し当選した。北韓人権運動家でNAUH代表のチ氏は「松葉杖の脱北者」として有名だ。

 

 チ氏は列車事故で腕と足を失った。2000年、松葉杖をつきながら中国に渡り、コメを買おうとした際に逮捕されて北へと送還。その後、2006年に弟を連れて再び脱北。チ氏のこうした壮絶な経験の数々は、国会議員当選への力となった。チ氏のように、比例代表から当選した脱北者議員は前例がある。2012年の第19代総選挙で当選した趙明哲氏だ。

 

 しかし、太永浩氏のように政党から公薦を受けて選挙区から出馬したのも、有権者の投票で当選したのも今回が初めてだ。さらに、ライバルの金星坤・共に民主党候補を圧倒的な票差で引き離して当選した。太氏の得票率は58・4%で、金候補の39・6%をはるかに上回った。脱北から4年目で韓国国会議員という責任ある地位を得た。命をかけて韓国に渡った4万人の脱北者たちにとって、希望の光ともいえる。

 

 太氏は当選が確定すると、夫人のオ・ヘソン氏とともに愛国歌(韓国の国歌)を歌った。当選後の第一声は「大韓民国は私の祖国です」だった。

 

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出

2020/3/6

北朝鮮人権シネマフォーラムのお知らせ