極東ロシア、サハリンでもコロナウィルスの感染拡大始まる

北海道会員 木村邦生

 

 北海道で極東ロシア、サハリンのコロナウィルスの感染状況をフォローしていただいた会員の木村邦生さんからの報告です。(編集部)

 3月末の段階でロシア沿海地方の中心地のウラジオストクでは、コロナウィルスの感染者は4人と報じられていましたが、4月2日に5人に増えました。全てオーストリアやメキシコからの帰国者ですが、そのうち1人は回復すでに退院しています。

 サハリンでの感染者も4人から5人に増えています。キューバ帰りの夫婦が感染していて陽性反応が確認されています。サハリンに戻った後、家族の1人に感染させています。また感染経路は不明ですが中国人1人が感染して入院しています。

 ウラジオストクでは1日から、サハリンでは2日から外出禁止措置が取られました。両地域とも外出が許されるのは、家から最も近い商店での食料品・医薬品の購入、ごみ捨て、家から100m以内でのペットの散歩に限られています。街中を自由に移動できるのは行政職員、警察官、医師、医療関係者、救急医療サービス隊員、消防隊、食料品店・薬局の店員に限定されています。この措置はとりあえず4月5日までですが、感染の広がり具合で延長される可能性もあります。

 

 

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出