· 

<速報>北朝鮮が「国境での敵対行為は警告なしで射撃」と中国に通知か  新型コロナ肺炎遮断のため

 アジアプレス 2020.03.04 カン・ジウォン

中国当局は住民に注意喚起

北朝鮮当局が、朝中国境の鴨緑江での中国人の敵対行為として、コロナウイルスが広まる汚物を鴨緑江に投棄する行為については警告なしに射撃をすると、中国当局に公文を送った模様だ。中国吉林省の協力者が33日に伝えてきた。

この中国人の協力者によると、北朝鮮当局から通知があったのは29日で、鴨緑江の中国側の都市の吉林省長白県にあてられたものだという。協力者は次のように説明する。

「中国の国境警備隊が長白県の住民を対象に注意喚起を促す通知を出し、それを住民間で広く共有するように促した。その内容は、北朝鮮が、国境地域での中国人による敵対行為、コロナウイルス感染の可能性がある汚物の投げ込み対しては、警告なしに射撃するという公文書を送ってきたので、鴨緑江に接近してはならないというもの」長白県の住民によると、北朝鮮側の両江道恵山(ヘサン)地区ではまだコロナ肺炎は発生していないようだが、鴨緑江の川辺に出てくる人は一人もいないという。北朝鮮が送った公式通知は、生活汚水などを通じたウイルス感染を防ぐために、中国側にその防止を強く求めたもののようだ。

中国の国境警備隊は、国境での事件・事故を防ぐために、鴨緑江の出入りを禁止した。

中国人の協力者によれば、「北朝鮮がこのような異例の通知を送ったのは、中国側の密輸業者に対する警告だろう」と見解を述べた。

なお、韓国の北朝鮮専門メディア「デイリーNK」は、北朝鮮内部の情報として、同じ内容の通知文を国家保衛省(秘密警察)が中国に送ったと229日に報じていた。

現在、長白県ではコロナ肺炎感染防止のため、世帯ごとの外出を一人が2日に一度、2時間に制限しているが、北朝鮮側が密輸行為と誤認して発砲する事態を防ぐために、中国人の鴨緑江への接近を厳しく統制しているという。

北朝鮮では2月が上旬に、鴨緑江上流の普天(ポチョン)郡で、中国と密輸していたグループが逮捕され、そのうち中国に渡河して戻った3人が非公開で銃殺される事件があったと伝えられている。

国境警備隊が通知した内容を伝えるメッセージの訳文

緊急通知

先ほど受け取った辺防部隊(中国国境警備部隊)からの通知によると、朝鮮人民共和国(ママ)は、我が国を冠状肺炎ウイルス(新型コロナウイルス)の発生源国と見なし、中朝国境を一級レベルで管理統制している。私たち側の住民が川辺でゴミや汚水を投棄し汚染を引き起こしたことが観測されたと、我が軍隊の方に訴えてきた。彼らは脅威を感じると直ちに反応を起こし銃で狙撃するとのことだ。誤認を避けるため、皆さんは川辺の散歩道も歩かないでください。裏の消息によると、朝鮮は中国からの帰還者と感染者に対し、そのまま滅殺終極措置(死刑)を取っており、我々に対してはさらに配慮などしないだろう。北朝鮮の辺境業務は殺伐乱暴で有名であり、無意味な犠牲を出さないでください。この(チャット)グループに入ってない人がたくさんいるので、皆さん、お互いに知らせてください。

 

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出