【News112】『三階書記室の暗号』発刊記念講演会

 

2019年6月20日、東京都文京区文京シビックセンターで、元北朝鮮イギリス公使である太永浩氏を招き、「ポスト・ハノイ 金正恩の核交渉戦略と私達の対応」というテーマで、講演会が開催された。

 

今回の講演会は、北朝鮮難民救援基金が主催し、北朝鮮の難民と人権に関する国際議員連盟、アクション・フォー・コリア・ユナイテッド(AKU)、北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会、NO FENCEが協賛団体として名を連ねた。

 

会は太永浩氏の安全警備を前提としたため、事前登録制で参加者を募ったため、参加者が少ないのではないかという懸念があったが、市民活動家、北朝鮮問題専門家、メディアなど80人以上が参加する盛況であった。

 

募集開始直後に、規定参加定員人数を大幅に超える参加申請があり、北朝鮮をめぐる国際情勢への関心の高さは、予想以上であった。

太永浩氏の40分ほどの講演の後、パネリストとして、コリア国際研究所所長の朴斗鎮氏、宮塚コリア研究所代表の宮塚利雄氏のコメントが続いた。

 

その後、参加者からの質疑応答の時間を持ったが、時間内では、出された質問に答えることができないまま終了した。主催者側は出された質問の全容をホームページで紹介することにしている。

 

あくまで核放棄を推し進める必要がある

 

太氏は講演の中で、「北朝鮮は、日本、韓国、アメリカの民主主義システムの構造的な弱点を把握し、5年の政権交代の周期で新たな合意を結び、核開発を進めてきた。金正恩もその政策を踏襲しており、自由民主主義国はそのことを知らなければならない。また、アメリカは北朝鮮と交渉するにおいて、核放棄と体制維持の条件交換の順序を間違えてはならず、あくまで核放棄を推し進める必要がある」と語った。

 

また、「アメリカは多くの経済制裁方法があるが、それを使わずにいる。例えば、公海上の北朝鮮籍船に対するアメリカの保険会社や、北朝鮮の在外公館と取引のある金融機関にセカンダリーボイコットを引き起こせば、北朝鮮を追い詰めることができるが、それをせずにいる」と述べた。

拉致問題に対しても言及。「現在の政府間対話では平行線であるが、日朝平壌共同宣言に署名した小泉元総理が、安倍首相と金正恩委員長の仲裁をし、双方を引き合わせる方法を個人的に考えている。

アメリカでは大統領経験者が公職を退き、非公式な交渉から成果を上げたことがある」と指摘した。

 

絶えず人権向上について訴える必要がある

 

さらに、北朝鮮の人権問題に関しては、「ここ十数年で、国際社会が北朝鮮に対して、国民の人権の向上を絶えず訴えてきたおかげで、人権状況は少しずつ変わってきている。

これからも、国際社会の場で、絶えず人権向上について訴えていかなければならない」と必要性を強調した。

 

パネリストの朴氏は「太元公使の発言には全面的に賛成。トランプ大統領においては次に選挙が控えている中ではあるが、北朝鮮の戦術に惑わされずに、戦略を考えていく必要がある」と話した。

 

宮塚氏は、「太元公使が書かれた今回の本の中で、自身の本貫のことを非常に詳しく書き記しており、感激を以て本を読んだ」と述べ、「北朝鮮は様々な問題を抱えているが、最終的には人権問題から切り込んでいくべき。中国もロシアも人権問題については反論できない」とした。

 

その後、参加者からの質疑応答も、経済制裁から人権問題まで多岐にわたっている。

 

 

<筆者所感>

1996年、ザンビア駐在北朝鮮大使館3等書記官であった玄成日氏が脱北し、同年、韓国・国家安保戦略研究所の責任研究委員となった。その研究成果物として上梓されたのが、2007年8月、韓国で出版に至った『北朝鮮の国家戦略とパワーエリート』である。その後、2016年9月、高木書房社からこれの日本語訳初版本が出された。

これと比較対照するにつけ、太永浩氏の単なるエリート外交官を超えた覚悟、或いは必死さを感じないではいられないのは私だけだろうか?

 

 

<関連情報>

本講演録のDVDが完成し、北朝鮮難民救援基金・日本語版ホームページで案内のとおり、送料込み1枚1500円で頒布しています。

また、太氏の著作『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』の日本語版は文藝春秋社刊で本体2200円、全国の書店で販売されています。 

 

「講演と質疑応答」全文については、北朝鮮難民救援基金の日本語版ホームページ「最新ニュース」、「国際・政治」の項、2019年8月4日講演録、「『三階書記室の暗号』日本語版発刊記念講演会」を参照ください。(編集部)

 

 

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出