· 

【News111】中国における脱北女性の人身売買被害の実態 『北朝鮮人権第三の道』事務局長 金 煕泰

 過去1年、皆さんの貴重な募金によって安全圏に到達することが出来たのは母子2組、単身女性4人、14歳以下のこども3人です。いずれも、韓国のNGOとの協力の成果です。共に喜びたいです。(編集部)

 

人身売買ブローカーによる強制売買婚

 最も多い人身売買の形態は売買婚である。脱北女性と結婚したり同居する中国男性の大部分は、貧困者や年配者、身体障害者や精神障害者、犯罪者などで社会適応に失敗した人々だ。 

そして、中国では長い間人身売買は習慣的に行われ、きわめて自然なことであった。そのため、買われた脱北女性は人間的な待遇を受けられず、殴打や苛酷な行為などの人権侵害が頻繁に発生する。

例えば、父と二人の息子の家に売られた脱北女性は、男三人の性のオモチャにされ、子供ができないと不妊女という理由で奴隷生活をしなければならない場合もあった。人身売買婚が起きるのは脱北女性が入って来たからだと、周りの人々から集団暴行される場合もあるなど数多くの問題が発生している。

 

風俗店や風俗業者

 在日同胞北送家族被害者協議会では、団結と定着の集まりのあとに世間話をしたり、カラオケで

思いっきり叫んで記憶の中の日本の歌を歌ったりする。日本と北朝鮮、韓国での昔のエピソード

は過去の思い出となり、懐かしさを覚えるものだった。

「なあ兄弟、北送在日同胞は生きてきた経緯は違えど、50 数年ぶりに故郷を訪ねる心情は同じ

なはずだ。 私も故郷を訪ねた時は両親のことが思い出されて、涙があふれて何も言えなかった。

仁川にいるホソンもそうだったそうだ。北送在日同胞たちも故郷を訪ねる心境はみな同じだろう」。

卵型の顔に涼しげな大きな目をして、優しい口調で相手の気持ちをぐっと掴んでしまう北送同

胞の兄貴分、イ・サンイルが言った。「私も元気なうちにもう一度日本にいってみ

たいな、私の故郷は福岡なんだが、下関も近いから、一度一緒に行ってみるか?温泉も有名だとい

うし・・・」言ってみただけなのか、本当に行こうというのか、見当がつかなかった。

「そうできたらいいですね、天下の珍味も一緒に食べる人がいてこそ本当の味わいがあると言

うし、故郷の感傷も一緒に分け合えばもっと感慨深いでしょう、一緒に行きましょう」

「そうか?うん、そうしようか?」 サンイル兄さんとのこのやりとりをきっかけに、今回の旅

の同伴者として日本を訪問することになった。

 

 

インターネット関連不法業者

 最近は、脱北女性を画像チャット業者に人身売買する事例が目立って増えている。画像チャット業者からピンハネするためだ。業者は、画像チャットで2~3年ほど働かせた後に再び人身売買し、1石2鳥を狙っている。

2017年1月から2018年9月まで当団体が救出した脱北女性184人中、画像チャットに従事させられた経験がある女性は49人(27%)に達する。若い脱北男性は、インターネットゲーム業者やハッキング業者、ボイスフィッシング業者の下で働く場合もある。

 

麻薬と違法医薬品関連

 北朝鮮で作られた麻薬は主に中国で売買される。麻薬密売業者と脱北ブローカーが脱北者を利用し、北朝鮮から中国に麻薬を運ばせる場合が多い。また、悪質なブローカーは中国からタイへ向かう脱北者の荷物に麻薬を潜ませて運搬させている。タイの刑務所にこうした脱北者10人程が収監されている。ミャンマーには、監禁された状態で麻薬栽培に従事させられている脱北男性が数百人いる。 

また最近中国では、女性の体内に卵を入れて強精剤を作る仕事に従事させられていた脱北女性が増えている。

 

おわりに

 中国で人身売買という人権侵害が起きる根本原因は、強制送還され脱北者が北朝鮮の収監施設で科される処罰が、中国での人権侵害より数倍も苦痛で、脱北者が公安に申告したり、訴えないからだとみられる。

上記のような不法業者たちは中国公安や警察と親しい関係にあり、はなはだしくは実質的な経営者である場合もある。

究極的には中国当局が脱北者を難民と認定するべきだが、先ずは脱北者の強制送還中断を引き出すことが切実で実効的だ。そして中国が批准した国連人権条約のうち人種差別撤廃条約、女性差別撤廃条約、児童権利条約を根拠とし、国際社会と協力して強制送還中断という圧力を加えなければならない。特に、妊娠した女性に対しては、より緊急な措置が必要だ。強制送還された妊婦は、強制堕胎による嬰児殺害をされているためだ。

中国当局は一部の脱北者を選択して難民と認定している。北京駐在国連難民機構(UNHCR)を通じてアメリカへ行く脱北者は難民判定を受け、北朝鮮の高位級幹部は中国に政治的亡命申請して難民の判定を受け、中国の身分証を受けて生活している。北朝鮮の食糧難による脱北者も難民と認定しろとの要求も必要だろう。 

脱北者問題の根本的解決の出発として、国際社会と共に韓国外交当局が正々堂々と中国に外交問題として接近すれば、解決の糸口を見つけられるはずだ。

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出

2020/3/6

北朝鮮人権シネマフォーラムのお知らせ