· 

コラムアンニョンハシムニカ! 南と北の兵隊さん

 韓半島には事実上二つの国家があり軍が対峙している。

かつては両国とも、軍入隊を青年の神聖な義務と考える人々が多かったが、次第に、軍に

行きたくないという人々が増えている。

 

韓国は徴兵制で、男子満 18 歳で徴兵検査対象になり満 19 歳までに兵役の判定(1 級~6 級)を

受ける。脱北者と身長が 140cm 以下の者などは免除される。服務期間は 21~24 ヶ月であり、ほ

とんどが陸軍に配置される。海軍と空軍は志願しなければ配置されない。

北朝鮮は名ばかりの志願制を取っていたが、1990 年代の「苦難の行軍」の影響で新兵対象者が

減り、2002 年に徴兵制に変へて女子も含めた。中学卒業後に軍事動員部から徴集の通知がくる。

成分の悪い者や身長 142cm 未満の者は除外される。服務期間は男子 11 年、女子 7 年であり、配

置先は親の政治経済能力に影響される。

 

 韓国では入隊後、私物は没収され衣類は支給される。月給は 16 万 2800 ウォン(二等兵)~21

万 6800 ウォン(兵長)で、来年からはアップされ、兵長の場合 40 万 5669 ウォンになる。陸軍

の食費は、一日一人三食で 6848 ウォン、3227Kcal である。兵舎では、多くの場合 40 人

部屋での共同生活である。

北朝鮮でも衣類は支給されるが、軍事訓練よりも建設や農業に無給で動員されることが多く、加

えて食糧不足のために栄養失調に罹る兵士が多い。

韓国でも北朝鮮でも兵役を嫌うのは同じで、それを免れようと様々な策を使っている。偽の診断

書提出、全身入れ墨、自損傷害、賄賂などである。

 

 韓国では軍隊内でのケガ、「気合(キハプ)」入れ、そして「いじめ」が原因での新兵による同僚に

対する乱射殺害などの事件や不良武器による事故が起きている。中央日報によれば自殺も含めて平

時でも 4 日に 1 人死者が出ているという。そのため、徴兵された息子を気遣う親が増え、韓国軍は

「国防幼稚園」になったという嘆きが韓国民の間に広がっているという。朝鮮日報などによれば、冬

山登山訓練でケガをした新兵の母親は「冬に山登り訓練なんかあり得ない。お母さんが中隊長に話

をします。」と息巻いたという。また「先輩兵士に息子がいじめられていないか見張ってほしい」と

頼んだり、夕食のメニューを問い合わせたり、部隊駐屯地の近くに引っ越してくる親もいるという。

ある父親は、息子の 30Km 行軍訓練に車で同行し、休息時間に息子におやつを渡しながら付いて

回ったという。

軍隊では陸軍工兵大隊の指揮官が、地雷を除去する作業に投入する兵士の親から事前

に同意書を受け取っていた。朝鮮日報は「韓国軍兵士は親の同意がないと戦争に行けないのか」との

社説を掲載。中央日報は事前同意について「ボーイスカウトになってしまった韓国軍」と報道。東亜日

報は「新兵が訓練所に入所すれば、指揮官と親のチャットが開設され、母親の問合せや要求で指揮官

の業務が妨害を受けている」と言及している。こうした母親は、ヘリコプターで旋回しつつ監視する

イメージから「ヘリママ」と呼ばれているという。 

 

 北朝鮮では、ミサイル部隊や DMZ 付近の砲兵部隊などの特定の部隊兵士は優遇されているが、

大部分の部隊では慢性的食糧不足状態で、腹を空かせた兵士が住民の食糧や金目の物を強奪する事

件が発生している。上官が女性兵士に性暴力をふるう事件も起き、準軍事組織の労農赤衛軍では、

女性部隊による組織的売春が発覚したという。

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2018/12/28

【救援成功】

母子からの救援要請

~母娘の未来のために支援をお願いします!