· 

なぜアメリカ人大学生は昏睡状態で釈放されたのか

 

  先月北朝鮮から釈放されたアメリカ人大学生の死 亡について、まだ疑問が山ほどあります。しかし、オ ットー・ワームビア氏の北朝鮮当局による扱いから、 北の外国拘留者に関する方針や扱い方が明確になっ てきました。 (表紙写真を参照)

 

ワームビア氏が逮捕された理由

  ワームビア氏は予定していた香港での留学が始ま る前に、北朝鮮での「ニューイヤーズイブ・パ-テイ」 ツアーに参加することにしました。ツアーの2日目の 夜(12 31 日)は平壌市の中心部でツアー参加者と 飲んでいて、1 名を除いて全員がホテルに戻りました。 (一緒に帰らなかったのは迷子になって翌朝 7 時ご ろにタクシーで戻った彼と同室だった男性というこ とです。)夜中の 2 時前に彼はヤンガクトホテルの 2 階の「関係者以外立ち入り禁止」の所に入って、赤い スローガン板(垂れ幕やポスターとの報道も)を盗も うとした疑いで、北朝鮮当局に逮捕されました。

  証拠として、北朝鮮側は非常に明るい廊下で撮った と思われる顔も性別もわからないほど質の悪い監視 カメラ映像を数秒分提供しました。

 

不自然な記者会見

 それから 2 カ月後、彼は約 37 分の記者会見を行い ました。本人の話で目立ったのは、堅苦しい話し方が 不自然で 21 歳(当時)の男性にはあり得ない表現の 仕方でした。用意された声明だけでなく、質問に対す る答えも一瞬のためらいもなくしていて、英語を母語 とする人らしくない表現を何回かしていました。(他の逮捕されたアメリカ人も似たような「告白」をしたということです。) 声明もジェスチャー も逮捕から 2 カ月かけ て「指導を受けながら練 習してきたよう」にしか思えません。 彼が北の当局の指示通りにしたかはわかり ませんが、「最後まで残った共産主義の独裁政権の国」である北朝鮮に引かれる若い欧米人観光客には好奇 心が強くて無謀な人が多いのです。例えば、ヤンガク トホテルの「秘密の5階」が観光客の中では有名で、 エレベーターに5階のボタンがないのに階段を使っ て訪れることがあります。暗い廊下にプロパガンダポ スターが沢山あるほか、監視カメラの管理室に見える 部屋もあって、自分たちがその景色を見せている映像 を勝手に撮ってネット上で公開することもあります。

 

これからも続く交渉用の逮捕

  このような狙いやすい外国人がいる限り、北朝鮮が 核ミサイルや制裁の都合で必要に応じて「いけにえの 子羊」の新規供給が確実に続くでしょう。彼が今回交 渉などに役立たなかったのは、体調の悪化で死を迎えつつあることでした。情報によると、北朝鮮に拘留さ れている外国人の内訳は、アメリカ人3名、カナダ人 1名、韓国人6名です。多くのアメリカ・カナダ国籍 の人と違って、ワームビア氏はコリアン系でもないし 伝道活動も行っていませんでした。

  なぜか北朝鮮によるアジア系の拘留者はニュース に取り上げられない傾向がありますが、今回の死亡事 件で残っている人たちの釈放のアピールができると 思われます。

  今年4、5月頃には平壌科学技術大学で勤めていた コリアン系アメリカ人2人(金ハクソン氏と金サンド ク<トニー>氏)が彼と同じように逮捕されました。 彼が昏睡状態になったことがまだ発表されていない 時は、本人は人質として価値があったと考えられます が、健康状態が悪化していた場合は当然ながら「交代 できるアメリカ人が必要になった」と思われます。ま た、平壌科学技術大学は韓国・米国のキリスト教の慈 善活動との関係が深く、教師で熱心なクリスチャンが 多いという話もありますので、アメリカ政府との交渉 で拘留者が必要になった場合はアメリカ国籍の大学 関係者が狙われそうです。

  そのほか、アメリカ国籍の金ドンチョル氏とカナダ 国籍のヒョン・スリン氏が「伝道活動を行ったことが ある」ということで、北の当局は、相変わらず宗教的 な活動を理由に北朝鮮に滞在する外国人を逮捕し続 けそうです。

 

政権にとって北朝鮮人の生命は価値がない

  彼が「どのように脳損傷を受けたか」、つまり「そ の原因だった心臓発作をなぜ起こしたか」はいまだにわかりません、「暴力や拷問を受けていない」と判断 されたため、「何らかの薬を飲ませたか」と考えられ ます(多すぎる量の「自白剤」と呼ぶソディウム・ペ ンタトールだったという噂もあります)。いずれにせ よ、その直後十分な救命活動が行われていないという ことは、どれだけ北朝鮮政権にとって人の生命は価値 がないということを示しています。

  交渉のための価値が高いはずの外国籍人質がこう した扱いを受けるということは、逆に言うと、金正恩 政権にとって「交渉対象でない北朝鮮人の生命は大し た価値がない」と思って扱っていることを明らかにしています。

 

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出