私を成長させた5年間
考え方など適応の面ではまだ越えるのが難しい壁であるが、努力すれば生存の基礎的な問題は、自分で解決できるということに感謝します。まだ、私には成功した定着と経済的な自立は進行形である。その意味で、過去5年間では河だけが変わった時間であるようです。

しかし、不安だった日本に入国許可を得た最初のころとは異なり、今ではお互いに協力しながら克服していくことができる余裕ができたことに自信と誇りを感じており、そしてこの誇りを持つまで、北朝鮮難民救援基金を通じて続いた日本社会とのコネクションを無視することができません。

脱北者の自助と互助努力で自立へ
私だけでなく、夫も自分の職場をみずから開拓して、定着に苦労している困難な脱北者に仕事を提供しながら、互いに協力して歩いています。現在、正規職のサラリーマンとしての生活はないけれど、明らかに私たちは、私たちだけの方法で正しい道をすぐに見つけることができました。韓国とは異なり、脱北者の定着と自立のための社会的なシステムのない日本の地で、安定した生活を作っていくことは決して簡単なことではなく、社会の最下層で一日一日を生きている脱北者が、お互いに力と心を合わせる。そして定着して自立に成功した者が、遅れた者を導いて助けてくれる文化と思いやりが必要だと感じています。

また、脱北者には日本社会と在日同胞社会に信頼を与えることができるマインドと態度が必要であり、日本社会と在日同胞社会は脱北者に、より柔軟に理解して接する温かさとアドバイスが必要です。

挑戦者精神と初心を忘れず、目標に向かって歩いて行く
現在、私の目標は、脱北者と一緒にする職場を作ることです。日本社会に適応するのに難しい脱北者を雇用して安定した生活を作っていけるように協力していきたい。安定して自らの誇りを持てるようにしていきたい。生活保護の陰から抜け出したくても勇気を出せない人、社会に姿をさらすのを嫌う人々と一緒に希望と幸せを作っていきたい。私たちが生まれた所は、重要ではなく、私自身が重要であることをお互いが認識し、自分と家族の幸せのために歩いて行くことが大切なのです。
メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ

2020/3/20

北朝鮮は冬休みを二度延長、新学期は金日成誕生日から

 

2020/3/20

国境貿易や地域移動を40日間ストップ、北朝鮮で餓死する住民が続出

2020/3/6

北朝鮮人権シネマフォーラムのお知らせ