生活 · 2020/02/20
(私は、北朝鮮で2006年まで病院長をしていたが、現在の北朝鮮の衛生防疫体系と医療治療状況は大差ないと見ている。) 北朝鮮の衛生防疫体系の特性は“党の医学的方針は予防医学”と明示され、衛生防疫体系は立派に分担されている。 中央防疫委員会➡道衛生防疫所➡郡衛生防疫所の体系で構成されており、衛生防疫所は医療機関の医者担当区域制...
イベント · 2020/02/05
北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。
「北朝鮮帰国事業の研究」A5判、864ページの労作が今週中に店頭に並びます。著者の菊池嘉晃さんは、当基金とは10年を超える付き合いがあり、その間に講演会の講師として招いたり、意見交換などをしながら相互に北朝鮮問題にかかわってきました。  この度帰国授業の人権問題に関する研究成果を出版されましたのでご紹介致します。
その他 · 2020/02/03
 2020年1月21日テレビ東京で放送された「ガイアの夜明け」の宣伝文句には「北朝鮮潜入!経済制裁下で1年の独自取材!」とあり、何より「潜入」というワードに惹かれて番組を見た。 「デジタル大辞泉」で意味を調べると「潜入とは見つけられないように、ひそかに入り込むこと」とある。...
◆関東交流会に招待   増田泰夫  11月最後の週末、私は在日本大韓民国民団(民団)主催の関東交流会に招待されました。東京都内にある長い歴史を持つ有名な天然温泉で行われた交流会には日本の著名な人たちと民間団体であるNGOの関係者、関東地方に住んでいる北朝鮮出身者が招待されました。...
国際・政治 · 2020/02/03
1.セミナー概要   ジャーナリスト櫻井よしこ氏(拉致被害者救出並びに朝鮮半島人権問題の解決において、日本が果たす役割が如何に大きいか、を終始力説し、主導)の総合司会の下、12月13日(金)14時~17時、参議院議員会館講堂にて、標記セミナーが多数のマスメディアを含む満席の状況で開催された。...
12月10日‐16日は「北朝鮮人権侵害啓発週間」とする、と日本政府が平成18年に法96号で定めた。これによって政府のみならず、地方自治体も様々な行事を主催することとなった。山口市が「人権ふれあいフェスティバル」を開催するのはこのような経緯がある。...
生活 · 2020/01/30
 昨年11月22日都内でオペラ歌手田月仙さんの半生を描いた記録映画『海峡のアリア』の上映と講演の夕べがありました。守る会主催。佐伯浩明代表の発案で、月仙さんにお願いして実現しました。私(小川)は冒頭三十分時間を頂き、守る会誕生の経緯が、月仙さんのお母さん(金甲仙さん)が中野駅前で経営されていた焼き肉屋さん(明月苑)とそこでのお母さんたちの証言に深い関わりがあったため、そのことと月仙さんのお兄さんの手紙のことを話させて頂きました。  月仙さんが1985年に平壌に招かれた時、1960年に北に渡っていたお兄さん(けんじさん)から手渡されたお母さんへの手紙は、当局の検閲を受けることなく、北に渡った9万3千余人の帰国者たちの良心の声を伝えるもので、とても貴重なものです。この手紙は2007年に刊行され、小学館のノンフィクション賞を受賞した月仙さんの単行本『海峡のアリア』(111~117頁)に掲載されています。全文四千字程の手紙です。    けんじさんは1960年4月に十代後半の年で北に渡りました。翌5月に咸鏡南道の高校に入学し、63年4月に卒業後、5月に平壌の美術大学彫刻学科に入学します。彼はミケランジェロを世界で一番尊敬し、彫刻家の道を目指していました。
 12月10日から16日は、北朝鮮人権法によって「北朝鮮人権侵害啓発週間」に定められており、政府、地方自治体、大学、NGOなど各団体が創意工夫を凝らして、東京はもとより新潟、山口など全国的な規模で行われた。...
◆11月13日 大阪のシンポジウム ...

さらに表示する

メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ