命をかけて川を渡る人々 北朝鮮難民を救うあなたの支援

最新ニュース

2021/9/6

【News118】北朝鮮政府相手の訴訟で10月にも弁論へ

総額5億円の損害賠償を請求!人権侵害の実態を赤裸々に 

北朝鮮難民救援基金理事長 加藤 博

北朝鮮を命がけで脱出し、日本に戻った脱北者5人が、北朝鮮政府を相手取って総額5億円の損害賠償請求訴訟を起こし、その口頭弁論が10月14日頃にも東京地裁で行われることが明らかになった。

2021/9/6

【News118】 招請状 北朝鮮難民救援基金 第24回総会

= 総会開催要領 =

日時:10月02日(土) 受付 13:00

   開会 13:30  閉会 16:00

場所:新宿区市ヶ谷本村町10-5 JICA会議室 601//602

2021/6/27

【News117】「毎日新聞」東京版夕刊より転載連載 

花谷寿人の体温計 脱北者の次の夢

 これは5月20日、毎日新聞の東京版夕刊に掲載された論説委員の花谷寿人氏のコラムです。花谷氏は当基金のNEWS116に掲載された松原京子さんが書かれたエッセイ「諦めなければ、夢は道を作る」を読まれ、彼女を直に訪ね、話し合われ、感じ、考えられたことを書かれました。励まされるコラムに感謝します。

2021/6/27

【News117】『冷たい豆満江を渡って』(ハート出版)

梁葉津子著 赤裸々な証言と人間の生き方を語るノンフィクション

 本書は、在日朝鮮人の目から見た1959年12月から始まった「帰国事業」の実際、「地上の楽園」北朝鮮での庶民生活、「極寒の豆満江」命がけの渡河、中国にはびこる脱北者ビジネス、スパイによる監視、密告、「脱北者狩り」、脱北者専用の収容所の生活実態が赤裸々に綴られている。

2021/4/18

元コチェビの北朝鮮青年、英国の地方選挙に与党から出馬

5月に英国で行われる地方選挙で、与党・保守党はマンチャスター郊外のデントン・サウス区では、脱北者のティモシー・チョ氏を擁立することを決めました。

 

2021/2/28

【News116】第2回「北朝鮮に自由を!人権映画祭」 大阪で開催 第3回映画祭は新潟開催を望む声多く  「北朝鮮に自由を!人権映画祭」副実行委員長 稲川和男

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、第2回人権映画祭を無観客で開催しました。型コロこれは、政府が毎年12月10日から1週間を「北朝鮮人権侵害啓発週間」と定めて啓発キャンペーンを行っているのに合わせて民間の団体、NGOも全国的に各種のイベントを行っているものです。

 

2021/2/28

【News116】韓国統一部統計2021年1月20日 公表 脱北民入国者78%急減の229人、歴代最低値記録

韓国の統一部(省)が発表した資料を基に、一部手直し(青字部分)を加えて脱北民入国者の表を作成しました。統一部当局者は“コロナ19によって中朝国境統制、第3国での移動制限などの影響で国内入国人員が減少したと見られる”と話しています。

 

 

2021/2/28

【News116】諦めなければ、夢は道を作る 10年目の挑戦―宅建士試験に合格  松原京子

北朝鮮を脱出して10年、日本で宅建士試験に挑戦し合格を勝ち取った松原京子さんが夢を持ち続ける大切さを語ります。

 

   

2021/2/28

【News116】韓国「対北ビラ禁止法」と北朝鮮の人権 戦略情報研究所 研究員 キム・チョルミン

ムン・ジェイン韓国大統領は昨年12月29日、南北関係発展法改正案、いわゆる「対北ビラ禁止法」を公布しました。対北ビラ禁止法の公布により北朝鮮にあらゆる情報流入は実質的に遮断されることは人権意識に変化をもたらす動きを防ぐものと考えられます。

 

 

2021/2/28

【News116】第23回総会報告 コロナ感染症の蔓延、海外渡航禁止で救援活動は停滞 イベントの延期、中止など低調に推移、発想の転換を!

コロナ感染が拡大している渦中であった10月に総会が行われました。日本政府は感染拡大防止のため三密「密閉、密集、密接」の回避を全国的に呼びかけおり、その結果当基金の対外活動も中止、延期されるなど全般的に低調に推移せざるを得えませんでした。今後コロナ渦でいかに活動していくか議論していく必要があります。

 

2020/11/27

北朝鮮収容所、収監者7000人釈放

 国連のトマス・オヘア・キンタナ北朝鮮人権特別報告官が24日「北朝鮮の収容所では最近、7000人が釈放された」と明らかにしました。詳しくは記事をご覧ください。

2020/11/2

第2回北朝鮮人権映画祭

第2回「北朝鮮に自由を!人権映画祭」が12月5日、6日の両日にわたって大阪で開催されます。

この機会にぜひご覧ください。

2020/10/1

8月に韓国入りした脱北者39人 4月以降の月数人から大幅増

2020年8月末時点まで韓国に入国した脱北者数が分かりました。

累計で192名で、性別、年齢などの情報は含まれておりません。

詳しくは添付ファイルをご覧ください。

2020/9/24

【News115】第2回北朝鮮に自由を!人権映画祭(大阪)開催へ

昨年12月東京で開催された「北朝鮮に自由を!北朝鮮人権映画祭」が今年は大阪で開かれました。

2020/9/24

【News115】韓国・文在寅政権での脱北者たちの苦境

北朝鮮人権情報センター(NKDB)所長である尹 汝常さんのFaceBookから引用しました。

2020/9/24

【News115】-招請状-北朝鮮難民救援基金 第23回総会

10月4日、第23回総会を開催します。

2020/7/29

2020年上半期 韓国入国脱北者

韓国統一部(省)が発表した資料をもとに当基金で作成した表です。

最近の韓国に入国した脱北者状況について、ご参考までにお目通してください。

 

2020/7/21

【社説】政権を批判して対抗すると起訴、有罪、逮捕、免職、許可取り消しされる国 

北朝鮮へのビラ飛ばしに対する韓国政府の対応と韓国NGOの見解、海外のNGOの反応などについて朝鮮日報が基本的な人権の危機を訴えています。

 

2020/7/21

北朝鮮でコロナ第2波発生か 、内部文書で感染示唆ー軍部隊で隔離多数の情報も

アジアプレスから、北朝鮮のコロナに関する最新の情報をお伝えします。

 

2020/7/18

ビラ散布の脱北者団体 今週にも法人設立許可取り消し=韓国

韓国政府が風船飛ばしNGO法人格取り消しへ動き出したそうです。

 

2020/7/18

北朝鮮の強制収容所には「日本から連れてこられた拉致被害者」もいた

管理所(政治犯強制収容所)を扱った長編アニメーションが創られました。

是非お読みください。

 

2020/7/18

韓国統一部、異例の「脱北者団体訪問調査」

韓国政府は全脱北者団体を訪問調査する作業に着手したようです。北朝鮮に対し融和的な傾斜を見せている現政権が、北朝鮮の開城にある南北連絡事務所の爆破によって南北関係の破綻を恐れ、脱北者団体の登録抹消、活動を難しくする目的と見られます。

 

2020/7/10

「北朝鮮のコロナ死亡者は500人、隔離対象者は39万人」

北朝鮮のコロナ感染に関するニュースは、確認が困難です。朝鮮日報の記事が正しいということではなく、異なるニュースソースから得た報告の一つとして読者に提供します。複数の重複する共通の事実が見出すことが出来ます。その材料の一つとして参考にしてください。朝鮮日報日本語版記事によれば、北朝鮮のコロナ感染死者500人、隔離者39万人に達しているそうです。

 

2020/7/7

新型コロナウイルス感染症と北朝鮮

韓国の西江大学現代政治研究所研究員、ソウル大学医科大学統一医学センター 研究員を歴任している金青空(ペンネーム)さんからの投稿です。

彼は、日本の国立感染症の研究員の研究会に講師として招かれたこともあり、研究者として活躍されている方です。

2020/7/6

香港国家安全維持法施行に関する声明

当基金は、中国政府の強引な「国家安全維持法」に対する声明文を作成しました。

是非お読みください。

2020/7/3

北朝鮮に帰った「在日」はどのように生き、死んだのか(1)  希薄になる帰国者との繋がりと思い

 アジアプレスの石丸さんがFBに投稿したものを再録するものです。世界難民の日に寄せて寄稿されたものです。

ぜひお読みください。

2020/7/3

韓国入りした脱北者 4~6月は過去最低の12人=コロナが影響

コロナ感染下のなかでも脱北者の流出は続いています。ですが、コロナ感染を防止するための中国国内の検閲が脱北者の流れをさえぎっています。

「朝鮮日報」日本語版の記事を紹介します。

生命の安全を守り、安全圏への道は相変わらず厳しく,脱北逃避行の成功例は著しく減少しています。中国国内で拘束されれば、北朝鮮への強制送還があり、そうでなくても不法労働、奴隷的な労働環境へと追い込まれていきます。一人でも多くの脱北者が安全圏に到達できる技術的な方法と資金的な支援が必要です。

2020/6/15

【News No.114】2020年度さやか奨学金給付決定 3年の脱北準備、日本定住、夜間中学から工業高校へ進学

 来日して2年間、夜間中学校で一生懸命勉強した素敵な青年が さやか奨学金を受給することになりましてとても嬉しいです。

ぜひご覧ください。

2020/6/7

北の住民たち緊張? 風邪にも敏感な反応 ー RFA 2020.04.07ー

韓国統一医療福祉研究センター長 安景洙(アン・ギョンス)氏がRFA(ラジオ・フリーアジア)のインタビューに答えた内容をご紹介します。ぜひお読みください。

2020/6/7

韓国ドラマ『愛の不時着』を観て

【第2弾】前回の韓国ドラマ「愛の不時着」について多くの反響をいただきましたので、今回はまた異なる目線で脱北者の感想をご紹介します。ぜひお読みください。

2020/5/27

韓国ドラマ「愛の不時着」について語る

最近話題の韓国ドラマ「愛の不時着」について、日本人の夫と脱北者の妻が語ります。ぜひお読みください。

2020/5/22

南北政府が無視する北朝鮮住民の人権…国連UPRを振り返る

9日、スイス・ジュネーブで公開審査が行われた上に、14日には実務グループによる報告書が採択されました

2020/4/27

前英国駐在北朝鮮公使太永浩氏の当選が持つ意味

脱北者出身である太永浩氏が大韓民国地方区選挙で国会議員に当選しました。これは、南北統一を早めるために大きな役割をするといいます。

2020/4/26

北、コロナ死者267人、実態隠蔽、すべて「疑い例」処理

北朝鮮のコロナ感染に関する情報をご紹介します。

2020/4/26

選挙区から初の脱北者 太永浩氏が当選

朗報です。脱北者の中から国会議員が生まれました。

2020/4/24

新型コロナ「ゼロ」という北朝鮮…WHOに「住民212人隔離」報告

北朝鮮のコロナ感染に関する情報をご紹介します。

 

2020/4/23

<北朝鮮>新型コロナで最悪15万人死亡 

専門家予測「人工呼吸器は50以下しかない」米RFA

北朝鮮のコロナ感染に関する情報をご紹介します。

 

2020/4/7

1~3月に韓国入りした脱北者 135人で41%減=新型コロナも影響か

コロナ感染と脱北者の現況の関係についての情報をご紹介します。

 

2020/3/31

【正論】  感染「ゼロ」という北朝鮮の危機

コロナウィルス感染者がゼロであると宣伝している北朝鮮の実態について、北朝鮮内部からのキリスト教団体に届いた手紙の一節をご紹介します。

 

2020/3/31

[単独]  北、コロナ患者の家の門に大釘を刺して5人抹殺

対北朝鮮消息筋 “北、隔離者家の門に大釘を刺して封鎖”

331日の朝鮮日報の〈単独〉記事をご紹介します。こちらは北朝鮮の国営中央通信、読売新聞などの複数ののソースで構成されており、これまでの記事の中でも信頼度が高いと言えます。ぜひお読みください。

2020/2/3

【テレビ番組評】テレビ東京「ガイアの夜明け」「北朝鮮潜入!経済制裁下で1年の独自取材!」の不実 金順姫 

2020年1月21日テレビ東京「ガイアの夜明け」で「北朝鮮潜入!経済制裁下で1年の独自取材!」という宣伝文句での放送がありました。当基金メンバーの金順姫さんが自身の北朝鮮での経験と共に、番組の内容に疑問を呈しています。

            

2020/1/29

【手記】成国の挑戦―遥かなる旅路 第3部

「ついに母親を探し当て脱出の道を探る。それも容易ではなく、国家保衛部の監視の目を巧みにかわさなければならなかった。友が保衛部とつながっているかもしれないという疑心暗鬼、母親の友が残した娘たちも一緒に脱北しようとするが… 」成国の挑戦、最終章です。

            

2020/1/28

【手記】成国の挑戦―遥かなる旅路 第2部

母親との別れ、養子としての生活が始まります。鉱山で生き埋めになりかけながらも九死に一生を得て、再び母親の消息を求めて歩き出します。成国の日本に到着するまでの軌跡を記した手記の第2部です。

 

            

2020/1/27

【手記】成国の挑戦―遥かなる旅路 第1部

この手記は、北朝鮮に渡った在日朝鮮人との間に咸鏡北道清津市で1995年に生まれ、北朝鮮からの脱出逃避行を果たした青年の話です。青年は、2017年以前に日本に定住した母親と16年ぶりに感激の再会を果たします。彼が日本に到着するまでの記憶を綴った手記を3部に分けて掲載致します。

            

2019/12/30

金順姫さんによる北朝鮮の教育を受ける権利についての証言

2019年12月13日、北朝鮮人権侵害啓発週間のNGOと「北朝鮮難民と人権に関する国際議員連盟」の共催で行われた国際会議で発表された当基金のメンバーの

金順姫(キム・スンヒ)さんが北朝鮮の教育を受ける権利がいかに侵害されているかを証言しています。

             

2019/11/20

【声明】亡命表明した北朝鮮漁民2名を強制送還した件について

11月7日韓国統一部は2日、日本海側の軍事境界線(北方限界線)を超えた2人の北朝鮮漁民を休戦協定村のある板門店を通じて追放したと報道発表を行いました。北朝鮮難民救援基金は亡命表明の北朝鮮漁民2人の強制送還に抗議します。

2018/12/7 ※12/24更新

【救援成功】ヒャニ(14歳)からの救援要請 
ご支援をありがとうございました!

お陰様で、子どもたちは全員クリスマスイブの早朝、無事に

安全な第3国に到着することができました。

子どもたちの救援のため、ご支援賜った方々に心から感謝いたします。


メーリングリストのご案内 北朝鮮難民支援基金では団体の活動や北朝鮮関連の情報をお知らせする、メーリングリストを作成しています。北朝鮮・脱北者に関するニュース・調査結果だけでなく、イベントのお知らせやボランティアの募集もメーリングリストを通して行なっています。ご登録を希望される方は「お問い合わせ」から「種別」の項目にある「メーリングリストへの登録」にチェックを入れて、ご連絡をください。 お問い合わせ